ホーム
製品情報
私達について
工場見学
品質コントロール
お問い合わせ
お問い合わせ
サービス
ホーム 製品抗張試験機

計算機制御を用いる医学の防護マスク死んだキャビティ探知器

良い品質 環境試験室 販売のため
良い品質 環境試験室 販売のため
あなたが推薦する器械は私達の実験室プロダクトのテストの必要性のために非常に適しています、非常に忍耐強く私達の質問にすべて答えるために私達を作動する方法を非常に素晴らしい導きますアフターセールス。

—— Div Harish

非常に専門パートナーであり、私達はあなたとの長期協力的な関係を確立して喜んでです。

—— Wojtek Krawczyk

あなたの工場および会社を訪問する会社に代わって技術スタッフは非常に専門であり、私があなたに再度協力して幸せであることを忍耐強い、私は考えます。

—— Manuel Munoz

私は今すぐオンラインチャットです

計算機制御を用いる医学の防護マスク死んだキャビティ探知器

中国 計算機制御を用いる医学の防護マスク死んだキャビティ探知器 サプライヤー
計算機制御を用いる医学の防護マスク死んだキャビティ探知器 サプライヤー 計算機制御を用いる医学の防護マスク死んだキャビティ探知器 サプライヤー

大画像 :  計算機制御を用いる医学の防護マスク死んだキャビティ探知器

商品の詳細:

起源の場所: 広東省、中国(本土)
ブランド名: HAIDA
モデル番号: HD-W
Contact Now
詳細製品概要
目的: マスクの死んだキャビティ性能の決定 標準をテストして下さい: ISO 22609、ASTM F1862-07
力: AC 220V± 10% 50Hz ディメンション: 910mmx420mmx400mm (L*W*H)

外科手術用マスクおよび防護衣の総合的な血の浸透の抵抗の試験装置

 

製品紹介:
マスク死んだキャビティ探知器が主にマスクの死んだキャビティ、吸い込まれた空気の二酸化炭素のすなわち、体積分率を検出するのに使用されています。

装置のテストの原則は全テスト プロセスの間に吸い込まれたガスの二酸化炭素の集中の変更を検出し、記録し、計算することです。

標準:

  1. GB2626-2019 「反微粒子の問題」をろ過する呼吸の保護プロダクト自己起爆剤
  2. 「PM2.5防護マスク」のTAJ1001-2015デッド スペースの検出のプロジェクト
  3. マスクのGB/T16556-2007 「はめ込み式オープン回路の圧縮空気の呼吸装置」は二酸化炭素のガス内容を吸い込みました

特徴:

  1. マスクの死んだ部屋のテスターのテスト プロセスはによって完全に自動検出を実現する計算機プログラム、記録自動的に制御され、全テスト プロセスの間に自動的に吸い込まれたガスの二酸化炭素の集中の価値の変更を計算します。それは作動しやすく使用すること便利。
  2. テストの間に、呼吸率および呼吸の容積を調節する必要性がありません。コンピュータの単純パラメータの集合操作が呼吸率および呼吸の容積を変えることができる限り調節は非常に便利、正確です。
  3. 制御呼吸チャネルの一方通行弁は置かれる換気装置によって自動制御行う電磁弁を採用します。試験結果をより正確にさせて下さい;
  4. テスト プロセスのすべてのデータはコンピュータで自動的に救われ、テスト レポートは自動的に発生します。全テスト プロセスのデータはコンピュータによって期間がいつでも印刷することができるおよび試験結果のレポートのいつでも見ることができます。

標準的な変数:

表示器 変数
呼吸のシミュレーターは呼吸の周波数変調を模倣します 10~40回/分
模倣された潮容積の規則の範囲 0.5~3.0L/min
二酸化炭素の源の体積分率 5.0±0.1%
二酸化炭素の流量計の範囲 ≤ 40L/min
二酸化炭素の検光子の範囲 ≤ 12%の正確さ≤0.1%
換気ファン 風速0.5 m/s
呼吸率 20回/分
呼吸の湿気 1.5L

 

 

会社の紹介:

物理的なテストの器械でmanufacturerfocused私達の顧客に大規模のとしてHaidaは、代表団の「最もよい試験装置を」渡します。
プロダクトによってがさまざまなで広く利用されているHaidaはGB、ISO、UL、ASTM、EN、JIS、TAPPI、DIN、BSおよび他の国内および国際規格と一直線に、質の点検組織、学術の調査および他の主要な分野およびプロダクト科学研究。

 

計算機制御を用いる医学の防護マスク死んだキャビティ探知器

連絡先の詳細
Dongguan Haida Equipment Co.,LTD

コンタクトパーソン: salesmanager

私達に直接お問い合わせを送信 (0 / 3000)